春の海を臨んで


誰しも入院すると、色々な思いが頭を駆け巡るのでは無いでしょうか?

治療は上手く行くのか、後遺症はどの程度なのか、仕事は、家族は、お金は、などなど・・・

しかも、入院中は行動範囲が限られていますので、頭の中で一つの考えが堂々巡りしてしまいがちです。

そんな時、病院の屋上庭園に向かいます。

私が入院している病院の屋上からは、東京湾が一望出来ます。

そこで暫く、何も考えずに海を眺めてみます。

そうすると、ふっと「随分と小さい事で悩んでるな~俺」と感じます。

心がとても軽くなります。

暖かな春の風を身体に受けて、ウキウキしてきます。

すると「よしっ!しっかり治療をして社会復帰しよう!」と、拳に力が入ります。

癌になったからこそ感じる事の出来る、最高の癒しの空間です。

ーーーー

マッスル部長(舌がん・40代)※過去の入院時にいただいた作品です。

#春 #海 #東京湾 #癒しの空間

本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁止します。お問い合わせはお問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ。

© 2016 がんフォト*がんストーリー運営事務局 all rights reserved