思い出の詰まった縁側



僕にとってホッとする場所は縁側です。

ここには沢山の思い出が詰まっています。


夏の暑い日、近所の子供達と冷たくひやしたスイカを食べた思い出。

暑い夏の日、夕涼みをしながらアイスキャンディーを食べた思い出。

家族と花火大会をした思い出。

お団子を作って、お月さまを見ながら食べた思い出。

落ち葉が庭に積もりはじめた日、おじいちゃんが焚き火の中にサツマイモを放り込んでくれて、ホクホクの焼き芋を食べた思い出。

思春期の頃、親に言えない事を、おばあちゃんに話した思い出。

お正月、凧が上手く上がらなくて、おじいちゃんに直してもらった思い出。


そして40年経った今。

病気を告知されて、今後の事を悩んだ時にも、この縁側に座っていました。


大人になった僕の横には、昔の様におじいちゃんやおばあちゃんがいて、励ましてくれました。

「大丈夫」「大丈夫」と、肩を叩いてくれてる様な。


いくつになっても、この縁側に座ると、おじいちゃんやおばあちゃんに包まれている気がします。

思い出がたくさん詰まった「縁側」が、僕にとって一番ホッとする場所です。


ーーーーーー


山下 睦(肺腺がん・54歳/罹患51歳)


#ホッとする場所 #思い出の場所 #思い出 #縁側 #大丈夫 #モノクロ写真

本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁止します。お問い合わせはお問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ。

© 2016 がんフォト*がんストーリー運営事務局 all rights reserved